2009年8月31日月曜日

七里ガ浜のpancake









8,29は旦那さんの誕生日! 前日まで編集&現在も進行中のwedding準備でそれどころではなかったのですが、早朝から七里ガ浜へドライブに。私の前職での仲間や上司と、会社が運営とPRで関わっているパンケーキ屋さん(正しくはオーストラリア料理というのだろうか) ヘ朝ごはんを食べにいく約束をしていたのでした。そこのお店はとっても上手なネーミング;shop conceptを使っていて、その名も「世界一の朝食」。オープンして月日が経ったのに、私も同僚もちゃんと食べるのは初めてだった。

というわけで、旦那さんの誕生日祝いも兼ねて? みんなでテラスで乾杯! 噂のbanana pancakeやscrambled egg, sweet cornfritterなどをみんなでシェアして頂きました。目の前は七里ガ浜の海。景色もあってか、やっぱりどれも美味しかった!! マネージャーのDさんは、奥様が年末出産だそう。リンリンと同じだね! お互い健康な赤ちゃんが産まれますように。


その後は、由比ガ浜へ移動。同じく会社が出店している海の家へ挨拶。懐かしの面々はみんな真っ黒!! 旦那さんの仕事もあったので、我々はお昼過ぎにお先に失礼。思い起こせば、今年初の海だったなぁ。リンリンが出来てから炎天下や暑い場所を避けていたからね。来年は親子で浜遊びが出来るのかな!? それまでに水着が着られるようになってやる...と、ポンポコお腹を見つめながら思う母でした。

kannnoさん, yumiちゃん, mayumeちゃん ほんの少しの時間でしたが、楽しい小旅行でした! billsの予約もありがとうございました。coyaもぜひリベンジしたいです。

※今回はNIKON D50で撮影。いつもより色が締まって見えるのは海辺の気候のおかげ?

2009年8月28日金曜日

リンリン、女の子宣言 !!?


本日、23週目を無事むかえ、久しぶりの妊婦検診へ行ってきました。前回は尿検査で蛋白数値が出てしまったので、前日の食事に気を使いながら(前日だけじゃ効果は無さそうだけど...) そして前回から1ヶ月、食事の栄養と休養にも気をつけた(つもり...) そんな少しづつの努力の結果、いざ如何に!! ドキドキしながら体重測定と血圧、尿検査。

また体重や栄養についてお咎めを受けるかなぁ〜なんて思っていたけれど、今日は何にも言われませんでした。いや、お咎めではなく、看護婦さんは助言をしているだけなのだ。被害妄想になってしまうのは、宜しくないですね。妊娠前から4.5kg増えてたけれど、尿検査や特に血圧が健康数値だったので「いたって順調ですね」一言でした。あ〜ひじきや納豆食べ続けて良かった! のかな?!


そして前回の汚名返上! リンリンの性別を判断すべく超音波検査に入る。6~7ヶ月の赤ちゃんは、もう体重が500gもあるんだね。いつの間にやら頭も大きくなって、背骨や心臓、胃や腎臓もキレイに見えてました。やっぱりいつ見ても頬に握りこぶしをあてているリンリン... 最近のあまりの胎動の強さに、その様子が、ボクサーのスパークリングフォームに見えて仕方ありません...

肝心の部分について、今日はリンリン足が少し開いておりました! 開いてたのか、もしくは眠っていたのでただ体全体が浮遊していたのか? その僅かな隙間を、先生と旦那さんとでモニター釘付け。男の子ならば、通常、既に形成されているはずのモノがリンリンには見えない! ということで... リンリンは女の子である可能性が非常に高い!! ことが、やっと分かりました。

男の子に比べて、女の子の判断はとても難しいらしく。超音波でも(足や太ももで)男の子たるモノがずっと隠れていた妊婦さんも、少なくないそうです。産まれてきてあらビックリ! なんてことも、頭の隅に置いておいておこう。

でも、性別がちょこっとでも分かると現実味も150%増しで強くなりますね。さっそく明日から、女の子のベビー服bookを片手にリンリンのワードローブ増やしていくぞ〜!!


※写真は本日のエコー写真。上が、リンリンの後頭部から両目にかけて。若干、宇宙人のような目の玉はご愛嬌? 下は、私も旦那さんも、そして撮った先生もよく分からない...恐らく背骨にかけての一枚。何となく分かれば、きっと、それで良いのです。

2009年8月25日火曜日

parisのエスプリ

今年の2月,parisでバラをコンセプトにしたお店(名前を忘れてしまったのだけど)でバラのチョコレートやお菓子を購入した際。クリームグリーンの紙袋に、白い柔らかな包み紙&麻の紐でくるんだ商品と、片手いっぱいにつかんだバラの花びらを入れてくれた思い出があります。そして最後は、紙袋の取っ手部分に一輪のバラをリボンでとめて。なんて素敵なセンスなんだろう!! parisのエスプリを思いっきり感じた、そんな包み紙のお話。


もうすぐ訪れる結婚式のために、昨日は恵比寿のpetit robe noreでネックレスを購入しました。お店の雰囲気や店員さんの柔らかい対応も嬉しくて心地よかったのですが、受け取った紙袋の中身を見たらさらに幸せな気持ちに!! 写真はその包み紙になります。どうやら、私はお花やリボンで包むものに弱いのかもしれません... 


でもちょっとした手間でも、こういう心遣いは嬉しいものですねぇ。
あまりに嬉しくて、未だ包みを開けられない私。。

※リンリンとは関係のない日記になってしまいました。

2009年8月24日月曜日

おんがくとリンリン





ほんとに最近のリンリンは胎動が進化していてびっくり。先週は、いよいよ外側から見ても胎動が分かるようになりました。毎朝、旦那さんが撮影に出かけてから、一人ベッドの上でリンリン観察。お腹の赤ちゃんは、20分おきに寝たり起きたり...を繰り返しているらしく。動かないなぁ~と思っても、しばらくすると「ポコッ,ムニュッ」 まあるいお腹の1部分だけ、リンリンが突いて浮き上がっているのが分かるのです!! やや、映画『エイリアン』を彷彿させる状態なのだけど... ともかく、これが不思議で面白くて可愛いくて仕方ないのです。


お腹の赤ちゃんと、お母さんの関係で驚いた記事を発見。「あまりに強い胎動にイライラしたお母さんが「痛い!」と言ったら、それ以降胎動が弱まった」とのこと! 言葉はまだ通じなくても、お母さんの気持ちはお腹の赤ちゃんと繋がっているんだな。


そんな話を聞いてからか、リンリンに話しかける回数も増えてきたこのごろ。ボクシングのスパーリングさながら、リンリンが叩けば「おぉ~リンリン強いねぇ! どんどん蹴るんだよ~」って同じところを軽く叩き返す私。 もしかしたら、私や旦那さんの言葉以外にも反応するのかな? 試しに、私の好きな曲を胎教としていくつか聴かせてみました。はたして、曲によってリンリンは動きを変えるのか!??


実験?の結果、リンリンが最も激しく胎動をした曲が写真の4枚。madonnaやjustis,kylie minogue,daft punkなどのダンス系は全く無反応...(妊娠前はあんなに聴いていたのに!)


1枚目、王道だけど、U2は大好き。特に「I still haven't found what I'm lokking for」は涙ものです。1989-1990 のbest版ばかり聴いてます。2枚目、これはイタリアの作曲家レスピーギ「ローマ3部作」 私も妹も中学から高校と吹奏楽をやっていて、私は毎度県大会落ちのよくある普通の吹奏楽部に在籍していたのですが、妹の高校の吹奏楽はレベルが物凄くものすごく高かった。毎年、全国大会に出る優秀なバンドなのです。「ローマ3部作」も、妹が毎年演奏するのではじめて知った曲。だから、私が語るのはとってもおこがましい...! ただ、大人になって改めて、交響詩の奥深さやスケールの広さに感動してしまうのはなんでだろう。リンリンがお腹にいるときに、一度は生で聴いてみたいものです。3枚目はCOLBIE CAILLAT, 4枚目はミュージカルRENTの映画版サントラ。どちらも愛が溢れんばかりの歌ものです。


もっともっと試してみたかったけど、これはリンリンに関係するというより、母である私の思い入れの度合いでリンリンも動いているのでは??! 段々分からなくなってしまい、今日はここで終了。。とりあえずU2好きなようでお母さんとしてはホッとした1日の始まりでした。

2009年8月20日木曜日

すだち王子とゴーヤ漬けの日々



徳島から帰った翌日は、私の父の実家である埼玉県行田市へ。渋滞を避けて朝早くから出発。この日も、風はあったもののやっぱり猛暑! 暑いっ! そんな中、父は夜明け頃から散歩に出かけていて、なんと朝に4~5時間も歩いていたそう...散歩好きは相変わらずだけど、60を過ぎてもなお健康な生活に脱帽です。でも無理はしないでね!

そんな父から大量のゴーヤをいただきました。私の旦那さんも得意のゴーヤチャンプルーやゴーヤサラダを作って迎えてくれた父。ゴーヤのサラダは、茹でて細切りにしたゴーヤに塩コショウで軽く味付け,ツナとマヨネーズを和えただけの簡単な一品。私でも出来そうだったので、さっそく帰宅後に作ってみました。ゴーヤの苦味とツナがちょうどよく合わさって、なんとなく夏バテにも効きそうな予感。すでに3日連続でゴーヤを食べまくっているのですが、冷蔵庫にはまだまだゴーヤ! リンリンが緑色にならないかさり気なく心配です...


そして、徳島のお母さんからも、たくさんのすだちを頂きました。&梨や大好物の海苔もありがとうございます! 旦那さんと暮らしてから、食生活ではじめて驚いたことは「すだち」をとにかく何にでも使うこと。すだちは、徳島の特産物なのですねぇ。焼き魚はもちろん、お刺身にも、おうどんの汁にも、朝ごはんのお漬物にも、すだちは欠かせないのです。初めはその存在に慣れなくて、すだちとカボスをよく間違えてましたが、いまや私にとっても食卓で当たり前の存在になったすだち。今夜はおうどんで食べてみようかな。

2009年8月16日日曜日

阿波おどりと徳島の空







2007年の夏、初めて徳島に来たときは旦那さんと一緒に阿波踊りに初参加。2008年は仕事で開催時期に間に合わず、泣く泣く断念。そして2009年,今年はリンリンがお腹にいるので、傍でちょこっと見物することに。
旦那さんと出会って、初めて徳島につれていってもらった時。その大らかな性格の源は、きっと徳島の自然,空や山や川の雄大さからきているのだ、と感じたことを覚えています。それは、阿波踊りのリズムも同じことがいえると思う。

前夜祭をふくめて3~4日連続連夜、徳島市内の町という町中に、太鼓や鳴り物の音が響き渡ります。段々大きくなってゆく太鼓の音を聞きながら、賑わいはじめる屋台をぬけてメイン会場へと急ぐときのゾクゾク感(ワクワク感)。夕刻の花火が打ちあがったら、各所一斉に踊りがスタート! 一度踊りがはじまると、高揚感は一種のトランス状態となって、夜通し踊りつづけてしまう魔法のようなのだ。

一人ひとりの踊り子さんの高揚感から、連全体があわさって、最後は町中をひっくるめた熱気のようなものが、徳島の風景とぴったりあっていて。うまく言えないけれど、そういう人間の気持ちや気合いもふくめて何でも飲み込んでしまう(包容力というか、capacityというか...)そんな阿波踊りのリズムが、徳島で育った旦那さんのDNAにも染み込んでいるんだなぁと。

リンリンは東京で育つのかもしれないけれど、大きくなる前に、阿波踊りや徳島の自然に触れてほしいなぁと強く思うのだ。そんな気持ちを込めて?、今年の帰省では、こっそり阿波踊りのリズムを胎教しておいたよ!
※写真は阿波踊りの風景と徳島の空。夕刻から夜に沈んでゆく空の色が、優しいのです。
  焼きとうもろこしを食べているのは旦那さん。

2009年8月15日土曜日

徳島の夏やすみ







今週10日から、旦那さんの実家である徳島に帰省していました。折りしも帰省当日は台風四国上陸前の悪雲。飛行機の揺れがなにより恐怖だった私は、機長の「本日は(相当)揺れが予想されます」の言葉に既に失神寸前...結局は無事に着いたのだけど、きっとリンリンの胎教にもよくなかっただろうなぁ...ただ、JALのCAさんみなさんが優しく対応してくださり、(産まれてくる赤ちゃんのために,と)飛行機のおもちゃをくれたのは、墜落しませんように!のお守り代わりにもなって、密かに嬉しかったです。

初日に台風余波の小雨が降っていたけれど、次の日から14日までお天気続きだった徳島。今回もたくさん撮影大会をしてきました。使ったカメラは、OLYMPUS E620とムービーは8mmfilm。そして特別なときだけ活躍するmy HOLGA !!



※写真は旦那さんの母校や、川原の土手、帰省すると必ず寄る土成のたらいうどん屋さん、うどんと沢蟹です。 気付けば、ほとんど旦那さん撮影のものばかり...私が撮影したHOLGAは、これから現像します。現像するまでどんな風に撮れているか分からないので、仕上ががとても楽しみ! 阿波踊りや帰省中のできごとはまた次のブログにupします。

2009年8月9日日曜日

岡田さんのマダーボールと、もぐらたたき



夏真っ盛り。蝉の声が泣きやまない昨日の朝、宅急便で可愛い小玉スイカが届きました。マダーボールという名のこのスイカ、愛媛県宇和島市の岡田さんが栽培している超薄皮高級小玉スイカらしい ! ayaちゃん、どうもありがとう。とってもジューシーで甘みがあって、旦那さんと美味しく頂きました。

昨日と今朝と、リンリンの胎動がおもしろい !
まず、回数が確実に増えたこと。前は分かっても1~3回のポンポンが聴こえてたのに、今は多いと5~6回連続して叩いているのです。あと、強さもレベルアップしていること。たまにボボンッ! と、いったいどんな動きをしているんだ??ってびっくりする程。

赤ちゃんが一つ叩くたびに、外からお母さんがお腹をコンコンと叩いてあげると、それが、お腹の赤ちゃんとお母さんとのコミュニケーションの遊びになるみたいです。
明け方や寝る前(胎動がよく分かる時間帯なのです)には、リンリンの怒濤の連続キックにより、「あ〜こっちもポン、お〜こっちもポン」と、その遊びがもぐらたたきのようになってしまうのだ。思わず笑ってしまうのだけど、つわりから解放されると、こういう楽しみがあるんだねぇ。

2009年8月7日金曜日

6ヶ月目のお祝い


今日でリンリン6ヶ月目がスタート! 

気付いたら、もうそんなに経っていたのだね。どうりで毎晩、毎朝のキックが強くなっているはずだね。せっかくなので、昨夜は旦那さんとお祝い?ご飯。azuuuちゃんが先日我が家で作ってくれた、ひじきの手まり寿司を作ってみました。2人分だったので、大皿に盛りつけてしまったのだけど、とってもとっても美味 !! 栄養もたくさん入っているし、作り方も難しくなかったので、これからも頻繁に作りたいと思います。azuuuちゃんありがとう*

最近はだしの取り方もマスターし始めて(今まで独学だったものを、ちゃんと料理bookを見て作るようになっただけですが...)、お吸い物も美味しく作れるようになりました。涙。

こんなに、料理に対してまじめな姿勢になるとは、妊娠前はまったく想像しなかったなぁ... 自分だけでなく、旦那さん&友人たちにも驚かれているのは、私が、お料理のド素人 (=下手)だからなのです。それまでは、仕事で遅くなることも多かったから、ご飯も外食で済ませていたし、それこそ、ワインとドライフルーツだけで済ませることも多々...

人間、変わることもあるのですなぁ、なーんて。
リンリンのためにも、これからゆっくりレシピを増やしていこうと思います。


※今朝は旦那さんから(私の)寝付きがよくなったね、との報告。安定期で心身ともに落ち着いたからかな。妊婦の体は不思議なものです。

2009年8月5日水曜日

マタニティウェアのこと


今朝も起き掛けに、すこし眩暈。うむむ、暑さと疲れかな?リンリンは相変わらず元気にポンポン叩いてくれます。そう、『ポコポコ。。』、から、少し強くなって『ポンポンッ』に変わったのです。そのうち34週目になると、『ボコボコッッ』て蹴りあがって眠れなくなりますよ~と産婦人科の先生が言っていたなぁ。大きくなっているんだねぇ。

妊娠が分かってから、4~5ヶ月目くらいで少しづつ大きくなってくるお腹まわり。もれなく胸のカップも比例増加するのですが、だんだん妊娠前の洋服だときつく感じてくるもの。
私はジーンズが大好きで、妊娠前もわりとゆったりめのデザインを腰ではいていたのです。つわりの最中、ちょっと友達のライブへ行くときは、第1ボタンを外して出かけたことも。さすがに、チラリとボタンが外れているのを発見されてしまい、「太ってる人みたいだよ!」と友人にバレてしまったけれど。

お気に入りのジーンズがどれもNGになってしまい、いざ、マタニティウェアを買うぞ!!と、奮い立って向かった先は、新宿伊勢丹のマタニティコーナー。ChloéやKid Blue,Jill 系まで豊富にそろっていて、普通に目移りしてしまうくらい。最近だと、代官山にBEAMSがマタニティ専門店を出していたり。そうだよね、“マタニティ”っていうと特別な感じもするし、財布の紐も緩んでしまうよねぇ。きっとweddingと同じ消費感覚なんだろうなぁ、なんて時代の流れを感じてしまう。

確かに、どれもよい生地を使っていて、色もデザインも可愛い! でも、もちろんけっこう良いお値段...! 妊婦期間だけしか着ないのに、ここまでしなくてもなぁ~と思ってしまうのは私だけ??partyや会食のときはぴったりだけど、普段着感覚ではないぞ、と。

そもそも、通常のお洋服も(職場のおかげで)sample saleまとめ買いをしていた癖がついており、正規の価格で服を買うことに抵抗感があるのです。
かといって、いわゆるネット通販のマタニティには自分好みのものが全く無い! 値段は安いけれど、無理して着るのはもっと悲しい。それじゃぁ外出も楽しくなくなってしまうよね、リンリン。


と、そんなこんなで、ぐだぐだ悩んでいたら、いつの間にか8月に入り、リンリンも5ヶ月半に成長。私のマタニティウェアは、未だ0着なのでした... (笑) そろそろ、ちゃんと選びにいかねば...



※写真は、代官山のmother ripで購入した古着のワンピース。生地が薄手で真夏にもってこいの一着! これと、旦那さんが誕生日に買ってくれたKapitalの同じくワンピースが、もっぱら私のマタニティウェアとして大活躍中。こうやって自分の着たいものでも、充分に用途が果たせるのだから、まぁいいかぁ~と開き直ってしまう今日この頃です。


補足:唯一買ってよかったと思ったものは、マタイティ用の下着類&タイツ系。さすがにお腹をダイレクトに包み込むものだから、今までのものではキャパオーバー?、早めに用意しておいて損はなかったな。

2009年8月3日月曜日

母から娘、そのまた娘へ。



8月1日の日曜日、横浜に住む妹夫婦&犬ちゃん(フムフム)と、私と旦那さんで、祖師谷の祖父母家へ集まりました。母も先に来ており、みんな一緒にお昼ご飯を食べることに。祖父は先日胸の手術が無事に終わったばかり、手術後の初対面でしたが、元気そうでよかった! 祖母も、もうすぐひいおばあちゃんになるというのに、相変わらずの美味しいご飯、いんげんの胡麻和えやポテトサラダ、炒飯やお吸い物を作って待っていてくれました。おばあちゃん、いつもありがとうね。
リンリンの超音波映像を披露したり、妹夫婦の新婚旅行の写真を見たり、ときどきフムフムをケージから出して皆で触ったり...『フムフムとリンリン』って、ネーミングの感じが似ていることで、2人(1人と1匹)は兄妹みたいだねぇ~って笑ったりお喋りしたり。賑やかな時間はあっという間!

朝から続いていた旦那さんの熱が心配だったので、少し先にその場を失礼して(またもや片付けをしないで帰ってしまいましたっ...皆さま、ごめんなさい!!)。一足早いプチ帰省は終わりました。


※写真は、私が小さいときに来ていた毛糸のカーディガンたち。母が実家の押入れから持ってきてくれました。右のピンク色のは、お祖母ちゃんの手作りです。左の黄色は、父方の親戚の方の同じく手作り。どっちも懐かしいな !! 極めつけ?は、生後1ヶ月のお宮参りに着た祝い衣装。真っ白なレースが、とってもとっても可愛いらしいのです。こ、これはリンリンに着させたい! (真冬だとちょっと寒いかしら)

どの洋服も保存状態が良く、ここまできれいにとっておいてくれた母に、大感謝。こうやって、母から子供へ受け継がれるものがあるって、温かい気持ちになって、何だか嬉しいですね。

2009年8月1日土曜日

5ヶ月検診


昨日は1ヶ月ぶりの妊婦検診の日。前々からこの日を楽しみにしていたのです! なぜなら、そろそろリンリンの性別が分かるかもしれないから!  そしたら名前やらお洋服やら、リンリンを迎える準備も格段と楽しみになるのだ。

産婦人科に着いたら、まず検尿,血圧,体重測定。恐れていたことに、やっぱり体重が一気に増えていたぁ〜!!  前回から、1ヶ月しか経っていないのに、2kgも増加!! きゃーきゃー、これで、リンリンが産まれる12月末までにあと5kgしか太ってはいけないことに。貯金が一気になくなった気分。看護士さんに「今日着ている洋服が重いのでは?? 昨夜ピザを沢山食べてしまったので一時的な増加では??」と現実逃避的な相談をもちかけるも、笑ってながされてしまう...

さらには検尿で初の淡白値+も。栄養が尿にほとんど流れてしまっている証拠らしい。ひぇ〜それって大丈夫なんですか?? 「疲労やストレスがたまると、体の栄養を蓄える機能も低下してしまうんですよ。ゆっくり休んで、大豆製品や乳製品をたくさん食べてね〜」と、ぽたぽた焼きのおばあちゃん看護士さんに優しく言われるも、先日の目眩に続いての結果にガクガクッと何かが崩れていくような気持ちになる...

そして、待ちに待った超音波の時間。旦那さんも同室でワクワク待ってくれている。いざ、映し出される画面に目をやると、リンリンがぴょこぴょこくねくね動いている!! 前回よりも体全体の輪郭がしっかり出来ていて、手のひらや指も1本1本きれいに見えてるよ! 
胎動でリンリンが動いていることは分かるけれど、こうやって超音波を通して出会うリンリンは、やっぱりやっぱり、楽しいし嬉しいね。

本日のメインイベントでもある大事な質問は旦那さんから。

「ちなみに性別って分かるんですかねぇ?(旦那)」
「そうですね〜見てみましょうか(先生)」
わわーーいよいよ分かるんだ!! ドキドキしながら先生の言葉を待つ 。

が、しかし !!

「あぁ〜両足をキチッと閉じちゃってますね〜、お行儀の良い子ですね〜(先生)」
えぇ〜リンリン! それじゃぁ肝心な部分が見えないよー!?

確かに、両足はギュッとくっついて、膝を曲げながらきれいに閉じていて、両手もグーにして顔にあててる、何とも“乙女”なポーズなのだ。まるで『きゃー恥ずかしいから見ないで〜』と言っているかのような...

「今は何ともいえないですが、女の子の可能性が少し大きいかな? でもお行儀のよい男の子もいますからね、まだお洋服は買わないでくださいね(先生)」

旦那さんと「リンリンはやっぱり女の子なのかなぁ?」なんて、モヤモヤしたまま帰宅。でも、今日のあのポーズ、リンリンは  "乙女" であることは間違いない! これで男の子だったら、きっとオトメン(乙男)のような男の子になるのだろうか...
 
というわけで、
リンリン乙女説の結論は、次回に繰り越しとなってしまいました。

※写真は、今回の超音波リンリン。頭を上から撮影したものと、体全体を側面から撮影したものです。