2009年8月1日土曜日

5ヶ月検診


昨日は1ヶ月ぶりの妊婦検診の日。前々からこの日を楽しみにしていたのです! なぜなら、そろそろリンリンの性別が分かるかもしれないから!  そしたら名前やらお洋服やら、リンリンを迎える準備も格段と楽しみになるのだ。

産婦人科に着いたら、まず検尿,血圧,体重測定。恐れていたことに、やっぱり体重が一気に増えていたぁ〜!!  前回から、1ヶ月しか経っていないのに、2kgも増加!! きゃーきゃー、これで、リンリンが産まれる12月末までにあと5kgしか太ってはいけないことに。貯金が一気になくなった気分。看護士さんに「今日着ている洋服が重いのでは?? 昨夜ピザを沢山食べてしまったので一時的な増加では??」と現実逃避的な相談をもちかけるも、笑ってながされてしまう...

さらには検尿で初の淡白値+も。栄養が尿にほとんど流れてしまっている証拠らしい。ひぇ〜それって大丈夫なんですか?? 「疲労やストレスがたまると、体の栄養を蓄える機能も低下してしまうんですよ。ゆっくり休んで、大豆製品や乳製品をたくさん食べてね〜」と、ぽたぽた焼きのおばあちゃん看護士さんに優しく言われるも、先日の目眩に続いての結果にガクガクッと何かが崩れていくような気持ちになる...

そして、待ちに待った超音波の時間。旦那さんも同室でワクワク待ってくれている。いざ、映し出される画面に目をやると、リンリンがぴょこぴょこくねくね動いている!! 前回よりも体全体の輪郭がしっかり出来ていて、手のひらや指も1本1本きれいに見えてるよ! 
胎動でリンリンが動いていることは分かるけれど、こうやって超音波を通して出会うリンリンは、やっぱりやっぱり、楽しいし嬉しいね。

本日のメインイベントでもある大事な質問は旦那さんから。

「ちなみに性別って分かるんですかねぇ?(旦那)」
「そうですね〜見てみましょうか(先生)」
わわーーいよいよ分かるんだ!! ドキドキしながら先生の言葉を待つ 。

が、しかし !!

「あぁ〜両足をキチッと閉じちゃってますね〜、お行儀の良い子ですね〜(先生)」
えぇ〜リンリン! それじゃぁ肝心な部分が見えないよー!?

確かに、両足はギュッとくっついて、膝を曲げながらきれいに閉じていて、両手もグーにして顔にあててる、何とも“乙女”なポーズなのだ。まるで『きゃー恥ずかしいから見ないで〜』と言っているかのような...

「今は何ともいえないですが、女の子の可能性が少し大きいかな? でもお行儀のよい男の子もいますからね、まだお洋服は買わないでくださいね(先生)」

旦那さんと「リンリンはやっぱり女の子なのかなぁ?」なんて、モヤモヤしたまま帰宅。でも、今日のあのポーズ、リンリンは  "乙女" であることは間違いない! これで男の子だったら、きっとオトメン(乙男)のような男の子になるのだろうか...
 
というわけで、
リンリン乙女説の結論は、次回に繰り越しとなってしまいました。

※写真は、今回の超音波リンリン。頭を上から撮影したものと、体全体を側面から撮影したものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿