2009年8月25日火曜日

parisのエスプリ

今年の2月,parisでバラをコンセプトにしたお店(名前を忘れてしまったのだけど)でバラのチョコレートやお菓子を購入した際。クリームグリーンの紙袋に、白い柔らかな包み紙&麻の紐でくるんだ商品と、片手いっぱいにつかんだバラの花びらを入れてくれた思い出があります。そして最後は、紙袋の取っ手部分に一輪のバラをリボンでとめて。なんて素敵なセンスなんだろう!! parisのエスプリを思いっきり感じた、そんな包み紙のお話。


もうすぐ訪れる結婚式のために、昨日は恵比寿のpetit robe noreでネックレスを購入しました。お店の雰囲気や店員さんの柔らかい対応も嬉しくて心地よかったのですが、受け取った紙袋の中身を見たらさらに幸せな気持ちに!! 写真はその包み紙になります。どうやら、私はお花やリボンで包むものに弱いのかもしれません... 


でもちょっとした手間でも、こういう心遣いは嬉しいものですねぇ。
あまりに嬉しくて、未だ包みを開けられない私。。

※リンリンとは関係のない日記になってしまいました。

0 件のコメント:

コメントを投稿