2009年11月28日土曜日

たんでぃがーたんでぃ






今朝、ピンポーンと宅急便から荷物が届く。段ボールにはたくさんの紙包みがぎゅうぎゅうに入っていました。1つ開けると、綺麗に青光りした陶器が ! 思わぬ美しい色の出来上がりに、2人 とも大満足です♪

思い返せば、11月初旬に行った宮古島の最終日、旦那さんと陶芸をしていたのでした。陶芸工房は「太陽が窯」さん。高台から海を見ながら、のんびり陶芸を楽しむ時間は格別でした。家族で工房をやられていて、教室の真ん中のテーブルでは4人のお子さんと先生であるお父さん&おじいちゃんが"プチ陶芸教室ごっこ"を開催していたり。宮古島らしい、ゆったりした風と時間が流れていました。太陽が窯さん、丁寧に包んで頂き、ありがとうございました。


そうそう、4人のお子さんのうち1人の女の子が「リンちゃん」という名前だったのも、勝手に不思議な巡り合わせを感じていたのでした。


※シーサーを作るお客さんが多いので、陶器もシーサー色に仕上がってくるのかなぁ?なんて思っていたけれど、とっても美しい蒼色に塗られていた。この食器でさっそく朝食をいただきましたよ。宮古島の良き思い出になったね、リンリン。


「たんでぃーがたんでぃ」は、沖縄(宮古島)の土地の言葉で、"ありがとうございました"という意味だそうです。太陽が窯さんのお手紙から、抜粋させていただきました。

2 件のコメント:

  1. すごーーーい綺麗!!
    私は前、高友との旅行でみんなで花瓶を作ったのだけど、出来上がりをみるべく、一人の家に集まりダンボールを開けた際に、衝撃的な光景があったようでした。だからまだ怖くて受け取ってません。
    どうやら、花瓶のサシ口(花びらをイメージ)がしぼんでて、卑猥な花瓶とその後名づけられました。
    まだ引き取る勇気もなく、そのまま友人の実家の仏壇に飾られています。

    次はお皿にしようと。

    返信削除
  2. >ki-chan

    えーどんな花瓶なんだろ??(笑)
    挿し口を花びらにするってアイディアが面白いね!
    しかも仏壇って・・・w

    粘土をコネコネして、さぁ何作ろう!ってときが
    一番楽しい♪お皿はラクチンだからお薦めだよ〜

    返信削除