2011年1月9日日曜日

ワンちゃん探して三千里...


せんじつ祖父母のおうちへ
新年のごあいさつに伺ったとき
わたしのお母さんから
ふうこへと誕生日プレゼントを頂いておりました

それが上の写真の
3冊の絵本

どれもお母さんらしいセレクト
温かくて優しい
でもそれだけじゃなくて
人と人が関わることや
長いようで短い人生の
一本大事なところを
深く強く描いているような絵本たちでした


『おおきな木』

はずかしながら初めて知りました
わたしも旦那さんも読んで号泣...
(村上春樹さん翻訳)
だれかに贈りたい絵本が
またひとつ増えました

東京ばあちゃん
ありがとう!


      ******


日々おんなじようなネタばっかりですが
ふうこのワンコちゃん好きは
日に日にエスカレートしています...

今日も公園で目にうつるワンコちゃんみんな
タタタと近寄ってムギュー!!って
ワンちゃんのお顔のお肉を引っ張ってました...

面白いことに
お年を召した犬ちゃんは
"あ~あ~人間の赤ちゃんは仕方ないわね~~好きにしなさいな"
てな具合に
ふうこの好きに触らせてくれるのですが

まだまだ元気な成犬くんは
"お! ややこしそうな赤子が来たぞ!
あいつら危ないから逃げようぜ!"
とは言ってないにしても
あきらかに"ふうこは格下"と
ランクづけした上での対応が分かったりで
いや~~ワンコちゃんの世界も面白いですね



そんなわけで
我が家のIKEAワンコくんも
かなりむりやりですが
ふうこの立派な相棒となっております


"いぬ~~~いぬはおらぬか~~~"

"これはオサルじゃ~~~"

手押し車に相棒たちを乗っけるのが
彼女のブームみたいです

満足気??
でもなにか物足りなさそう...

やっぱりワンコくんが良いようですね


こうやって
ふうこの世界がどんどん創られていく様を
1番ちかくで見られるのは
育児の特権なのかもしれません


ちなみに彼女が着ている
つなぎのワンピース
私のお下がりなのです!

おばあちゃんのお手製とはいえ
なんとなく昔な感じがただよっていて
これ一着で"昭和のこども"ルックに即変身...☆




昭和のこどもたちも
ブレーンバスターなんて技
真似していたんでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿